国際ブランドごとの違い

VISAカード、MASTERカード

世界の二大ブランド。
両ブランドとも加盟店舗数3000万店弱で、ほぼ世界中どこでも使えます。
使えない場所があるとすれば、南米・アフリカの奥地かそれとも紛争地帯か、といったところでしょうか。

VISAもMASTERも、新規加盟店舗開拓を同じ会社が受け持っているとのことで、加盟状況は全く一緒です。
VISAかMASTERが一枚あれば世界どこでも通用します。

VISAといえば三井住友VISAカードが一番有名です。クレジットカード発行元は三井住友銀行です。
しかしVISAであれば、すでに述べたようにクレジットカード発行会社はどこでも構いません。どのカードでも同じように、支払い用のカードとして通用します。
ただし、発行元によって与信の程度は違ってきます。銀行系はかなり信用されますし、大会社のカード(SONYカードなど)も信用されます。

海外旅行で使うクレジットカードを新規で作るなら、どこのカードを作るにせよ一枚目はVISAかMASTERがよいでしょう。銀行系カードなら信用面でも好ましいでしょう。

JCBカード

日本産の国際ブランド。
加盟店舗数は1000万店強で、同3000万店のVISA、MASTERより劣るのは否めません。
その分、使える店舗が少ないということです。
しかし、日本人が普通に行くところ(欧米の主要都市や環太平洋の観光地、東南アジアなど)であれば、ほとんど問題ありません。アジアのほか、グアム、ハワイならJCBカードでも十分です。

JCBカードは日本産の国際ブランドということもあり、海外旅行での邦人サービスに力を注いでいます。
海外旅行の際のサポートが非常に手厚いです。

ロンドン・パリ・ニューヨーク・北京といった世界主要都市にはJCBプラザがあり、観光案内マップの無料配布やワンドリンクサービスだけでなく、飛行機の座席確認、ホテルや各種チケット(オペラのチケットなど)の予約代行も依頼できます。特にチケット予約に関してはJCBは強く、ラスベガスやローマなどの主要都市で観劇を予定しているならJCBがよいでしょう。

また、緊急時のサポートにも定評があります。
JCBプラザやJCBデスクがある世界主要都市はもちろん、JCBメディカルホットライン海外受付センターは24時間・年中無休で日本語対応のコレクトコールとなっており、医師または看護師による相談、緊急輸送手配、現地医師との通訳サービスなど、きわめて充実しています。

これらのサービスはJCB発行のJCBカードに限らず、国際ブランドがJCBであればどこの発行会社でも構いません。ですから2枚目のカードはJCBがオススメです。

アメリカン・エキスプレス

最もステータスが高いカードですが、加盟利用料が高いために店舗側の負担が大きく、店舗は意外に少ないです(750万店ほど)。ただし、JCBと提携しているので、JCB加盟店ではアメックスが使えます。
他方、IDとしての信頼性は極めて高く、またサポートも伝説的な手厚さを誇ります。

アメックスは現地デスクが非常に多く、その意味ではJCB以上に安心できるカードです。
世界140ヶ国、2200ヶ所にデスクがあるのは心強いですね。

加盟店が高級店中心で少ないこともあり、1枚目のカードとしては不向きですが、安心のステイタスとして2枚目のカードはアメックス、という考え方もあるでしょう。

ダイナーズクラブ

社会的ステータスが非常に高いカードで、加盟店も高級店に限られます。
IDとしての信頼性の高さは、アメリカン・エキスプレスと同じです。

ちなみに中井貴一さんがカッパと狸とともにCMをしていたのはDCカード(ダイヤモンド・クレジットの頭文字)で、ダイナーズクラブとは全くの別物です。

まとめ

基本的に、クレジットカードは2枚持って行ったほうがいいでしょう。

同じ国際ブランドを2枚持っても利用可能店舗は増えません。
もっとも、発行会社が違えば利用限度額は合算されますが。
ただしJCBの場合は発行会社が異なるクレジットカードが複数枚あっても、利用限度額は加算されないので注意が必要です。

基本的にはメインにVISAかMASTER、サブにJCBという形がベストです。
サブカードはサポートカードという位置づけです。JCBは邦人へのサポートが特に手厚く、海外主要都市に日本人デスクを設けており非常に親切です。

アメリカン・エキスプレスはステイタスの高いカードですが比較的発行されやすく、サブカードとして選択肢の一つになるでしょう。世界140ヶ国に2,200ヶ所のトラベルサービスデスクを持っており、サポートの手厚さは格段に違います。

なお、クレジットカード発行会社によっては海外サポートに力を入れているところもあります。セゾンカードやライフカード、ニコスなどは独自に現地デスクを設けています。

詳細はおすすめカードに記しましたので、ご自身のベストカードを探してみてください。


戻る    進む

Contents

当サイトを利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。
当サイトにおける記事、写真、図表などの無断転載は禁止します。

Copyright(C) 2007 海外旅行で使える国際クレジットカード&保険


Sitemap