クレジットカードの手数料

手数料

クレジットカード利用の場合、国内では手数料はかかりません。
店舗によっては、まれにクレジット利用手数料を請求されることがありますが、クレジットカードの約款に違反した行為です。

海外利用の場合も手数料はかからないのですが、海外処理コストとして利用額に対し1%〜1.63%程度をプラスした換算レートを用いるのが一般的です。
換算レートは発行会社により多少の違いがあります。

トラベラーズチェックでは1%ほどの手数料がかかり、現金では為替レートの2円乗せが換算レートです。
ですからトラベラーズチェックや現金と、それほど変わらないですね。

もっともトラベラーズチェックの場合は、国内での購入時に券面額の1%かかる(ただし無料にすることもできます)ほか、外国での現地通貨交換時に再度手数料が掛かります。下手な替え方をすると実質手数料が20%を超えることもあります(詳しくは当サイトのトラベラーズチェックのページをご覧ください)。

現金の場合、為替レート2円乗せ(国内で事前に準備した場合)ですが、海外で交換する場合はもう少し手数料が掛かる店・銀行もあります。
国内であらかじめ2〜3万円分ほど、郵便局などで両替しておきましょう。このとき、小銭も交えておくと便利ですよ。

トラベラーズチェックや現金の場合、どうしても使い切れなかった現地通貨分の余りが出ます。
その意味で、クレジットカードのほうが無駄が少なくはなります。

基本的に手数料に関しては、国内で準備さえしておけば、あまり気にしなくていいと思います。きちんと準備しておけば、ほとんど差は出ません。
為替変動差益に較べれば微々たるものです。

為替レート

クレジットカードの場合、クレジットカード会社ごとに違いがありますが、いずれも使用日ではなく、加盟店からの請求日のレートを用います。
クレジットカード会社への加盟店からの請求日なので、使用日とは数日ずれます。
レートが損になるか得になるかは神のみぞ知るで、気に病む必要はありません。

以上のことから言えるのは、「海外旅行では、数百円〜数千円程度の細かいことは、気に掛けてみてもどうしようもない」ということです。


戻る    進む

Contents

当サイトを利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。
当サイトにおける記事、写真、図表などの無断転載は禁止します。

Copyright(C) 2007 海外旅行で使える国際クレジットカード&保険


Sitemap