海外傷害保険

クレジットカードの付帯保険

クレジットカードのガイド本やクレジットカード比較のサイトなどで、
「クレジットカードの付帯保険で、海外旅行も大丈夫」
などの記述を、ときどき目にします。

これは嘘ではないのですが、正確ではありません。
基本的に、必ず海外旅行傷害保険に加入するべきです。

オリコカードの場合

その説明のために、まずオリコUPTYカードを例にとってみましょう。
オリコUPTYカードの海外旅行付帯保険は、クレジットカードで保障される範囲の全てに及び、年会費無料のカードでは最強です。

・オリコカードの海外旅行付帯保険

死亡・後遺障害保障2,000万円
傷害治療費用保障200万円
疾病治療費用保障200万円
賠償責任保障2,000万円
救援者費用保障200万円
携帯品損害保障20万円(免責1事故3,000円)

上に挙げた金額は支払い上限です。
問題になるのは、上から2番目・3番目の傷害治療費用保障・疾病治療費用保障と、ここにはない疾病死亡、レンタカーでの交通事故です。
また、「危険なスポーツ」は適用除外になっています。

ですが、それらの問題については次のページにして、まずはオリコカードを例にそれぞれの保障の説明をしましょう。


死亡・後遺障害保障は、死亡時・後遺障害時に下りる保険です。
死亡時に関しては特に問題ないでしょう。この額では問題がある、と考えるなら通常の生命保険でカヴァーすべきです。
これに対し、後遺障害は国家の社会保障の問題です。障害者年金などで解決すべき問題です。
いずれも問題ないでしょう。


傷害治療費用保障・疾病治療費用保障は、それぞれの治療費用を保障するものです。これに関しては問題があり、後述します。


賠償責任保障は、損害賠償を負うときに下りる保障です。
よくありがちなものとして、海外ではホテルの排水が悪いことが多く、バスルームから水が漏れてカーペットを汚してしまうことがあります。こうしたカーペットの補修代など、損害賠償責任を負う場合に、賠償責任保障でカバーできます。
クレジットカードの付帯保険で十分賄えます。これ以上の額が請求される事件といえばレンタカーでの交通事故かホテル火災ぐらいで、交通事故はレンタカーの任意保険でカバーします。ホテル火災は……起こさないでください(笑)。


救援者費用保障は、海外で本人に何かあったときに家族(救援者)が駆けつける場合に下りる費用保障です。
あまり現実的な問題ではないので、気にしないでいいでしょう。


携帯品損害保障は、例えば飛行機事故などで携帯品が焼失した場合などに下りる保障です。
免責1事故3,000円というのは、保障請求に3,000円払う必要がある、という程度の意味です。
偶然の事故により壊れた物を補償してもらえるので、非常に役に立つ保険です。1事故ごとに20万円が限度ですが、保険会社でも1事故10万円〜30万円程度なので、クレジットカードの付帯保険で十分です。


このように、クレジットカードの海外旅行付帯保険はかなり広範囲で金額も高く、これで十分という意見が出るのも無理はないところです。
しかし、クレジットカードだけでは問題があるのです。
それを次の項で論じます。


進む

Contents

当サイトを利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。
当サイトにおける記事、写真、図表などの無断転載は禁止します。

Copyright(C) 2007 海外旅行で使える国際クレジットカード&保険


Sitemap