海外傷害保険

クレジットカードの付帯保険では足りない理由


 海外での治療は驚くほど高いです

クレジットカードの海外旅行付帯保険で問題になるのは、傷害・疾病保険です。

まず第一に、200万円では金額が足りません。
国にもよりますが、海外の病院は費用が高いです。
アメリカやヨーロッパで盲腸の手術となった場合、200万円を超えてきます。

死亡・後遺障害以外は合算じゃないの?

その通りです。
死亡・後遺障害以外の保障は、複数枚のクレジットカードを合算した額になります。
このことを理由に、「クレジットカードの付帯保険で足りる」という方もおられます。

どういうことかというと、例えば、付帯保険のついた二枚のクレジットカードを持っていたとします。
仮にA社の死亡保険が2000万円で傷害保険が200万円、B社の死亡保険が1000万円で傷害保険が100万円だとしましょう。

A社B社合算額
死亡・後遺障害2000万円1000万円→A社とB社で2000万円を上限に按分負担
傷害保険200万円100万円→合算して300万円

この場合、傷害保険は合算になるので、300万円となります。
死亡保険については高いほうを取って2000万円とし、これを按分してA社が約1334万円を、B社が約666万円を負担するということになります。

そうすると、海外旅行付帯保険のついたクレジットカードを複数枚持てば、傷害に関する限りでは保険金額の不足はなく大丈夫、という結論になりそうです。
実際そう書いている本やHPを、よく見掛けます。
しかし、これは間違い。
大きな落とし穴があるのです。

落とし穴って?

死亡保険に疾病死亡(=病死)を含まない、という小さな落とし穴もありますが、それは無視してもいいでしょう。
一つ目の大きな落とし穴は、もっと怖いことです。
クレジットカードの傷害保険は、どこの会社でも必要書類の一つとして「治療費用明細書および領収書」を要求しています。
……手短に言えば、まずは自腹で払って、ということです。保険が下りるのはそのあと。

これに対して保険会社の海外旅行保険では、一部の保険会社のみですがキャッシュレスで治療可能となっています。
つまり本人負担なしの保険会社が代払い。
これは非常に大きな違いです。
もしかしたら数百万円の自腹ですから。。。払えます??

恐ろしい落とし穴

もう一つの落とし穴は、もっともっと、非常に危険な問題です。
……国や病院にもよりますが、基本的には保険会社の海外傷害保険証書がないと、海外の病院では引受けてもらえません。
つまり門前払いです。
そうすると、そもそも病院に掛かれない、ということになります。

考えてみてください。
日本です。外国人が病院に来ました。
「クレジットカード持ってます、治療お願いします」
……それで通る、と思います?

要するに、病院側が治療費を踏み倒される覚悟で患者を引受けるのか?という話です。
病気の種類にもよりますが、生命に関わる病気(高額医療)のときは、断られる可能性のほうが高いでしょう。
まして海外の場合、特にアメリカでは、99.9%通らない……そう思ったほうが無難です。

アメリカに限らず、どこの国でもそうです。
これに対し、保険会社の海外傷害保険では、入会時に証書が手渡されます。
この証書の提示により、確実に病院で引受けてもらえます。
これは生死に関わる、きわめて大きな問題です。

留学の場合の注意点

また、留学の場合ですが、大学によっては保険会社の証書を要求することがあります。
保険会社の海外旅行保険は、出発前45日〜60日から、出発日当日までが受付期間です。
いったん日本を出発した後、国外で保険に入るということはできません。
このために、出発後に保険のためだけに帰国しなければならなくなった人もいます。
留学の場合は、学校側の規定をよく確認しましょう。

結論

結論として、ほんの短い旅を除いて、海外傷害保険に入るのは必須です。
必要な保険範囲を選択すれば、例えばハワイ8日間の旅行で保険料1,980円(損保ジャパンで試算)です。
2,000円弱でしっかりした保障を得られるのですから、絶対に入りましょう。


戻る    進む

Contents

当サイトを利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。
当サイトにおける記事、写真、図表などの無断転載は禁止します。

Copyright(C) 2007 海外旅行で使える国際クレジットカード&保険


Sitemap