クレジットカードの海外旅行付帯保険に関する余談

クレジットカードの海外旅行保険はマニアックな利用方法があります。
ここに一応書いておきますが、基本的にはあんまり意味のない話です。

条件付き海外旅行付帯保険利用法

クレジットカードによっては、カードで旅行費を支払ったときのみ海外旅行保険が付帯するものがあります。
具体的には、

・募集型企画旅行の支払い(ツアーのこと)
・海外旅行へ行くための国内での公共交通乗用具の支払い(電車・バス・タクシーなど)
・海外での公共交通乗用具の支払い

などにより、海外旅行保険が付帯するというタイプです。

難しい言い回しになっていますが、要するに成田までの電車代をクレジットカードで支払えば保険が有効になるということです。
もちろんツアー料金をカードで支払っても構いません。それで付帯します。

そこで複数のカードを持つときは、どのカードが自動付帯でどのカードが非・自動付帯かを考えておく必要がありそうです。
非・自動付帯のカードのほうで成田までの電車代を払う必要があるからです。

ですが、こういうのは机上の空論かな、と思います。
そんな面倒なことをしてみても、すでに述べたような落とし穴が待っています。
クレジットカードの保険は「あったらいいな」くらいに考えて、頭が良ければ記憶の片隅にでも置いておけば十分だと思います。

海外旅行保険延長の術

もう一つマニアックな話です。
海外旅行保険は、「海外での公共交通乗用具利用」からも3ヶ月保障されますが、それ以前に保障される原因がある場合はその時点から3ヶ月です。
海外旅行保険が自動付帯のタイプなら出発時から3ヶ月です。
非・自動付帯の場合は、最初の保障事由が発生した時点から3ヶ月になります。

そこで長期海外へ行く場合のマニアックな保障方法として、出発時3ヶ月を経過するまでは非・自動保障のカードを使わず、3ヶ月経過した時点で非・自動保障のカードを使えば、別のカードの保険と合わせて実質6ヶ月まで保険を延長できます。
これはあらゆる非・自動保障タイプのクレジットカードで実行可能です。

しかし当サイトではそういうマニアックな方法はオススメしません。
知識としては面白い、という程度の物です。

裏技は使えません

以上、裏技めいたテクニックでした。
こういうのは基本的に「机上の空論」です。
冷静に考えて、カードを持っていれば海外の病院で治療を受けられる、と期待する方がどうかしている、と思いませんか?
ダイナーズクラブやアメックスといった、世界中で通用するステイタス系カードであれば別ですが、一般カードでそういうことは期待できません。

基本的には、保険会社の海外旅行保険に加入しましょう。
短い旅行なら加入しなくてもいいかとは思いますが、そのあたりは自己判断です。


戻る    進む

Contents

当サイトを利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。
当サイトにおける記事、写真、図表などの無断転載は禁止します。

Copyright(C) 2007 海外旅行で使える国際クレジットカード&保険


Sitemap